可愛らしいテレビCMでもお馴染みの新生銀行カードローン レイクは、即日融資が可能かつ無利息キャッシングもできる銀行カードローンです。

 

そんな新生銀行カードローン レイクですが、銀行カードローンとしては珍しく、即日融資が可能ということで利用を検されている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

なので、今回は新生銀行カードローン レイクの即日融資について解説します。

 

新生銀行カードローン レイクを利用する際に注意したいこと

さて、新生銀行カードローン レイクの即日融資について解説する前に、ぜひ知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、新生銀行カードローン レイクという金融商品の性格についてです。

 

新生銀行カードローン レイクは、頭に新生銀行という名前がついているため、低金利の銀行カードローンであるという誤解をしている方が多いのですが、実は金利についてはあまり安くありません。

 

新生銀行カードローン レイクの金利は4.5~18.0%なので、一般的な銀行カードローンと比較してみるとその金利はあまり低くありません。

 

4.5%という下限金利だけに注目すれば、金利は確かに低いといえなくはないのですが、初めての借り入れの際に適用されるのは上限金利の方なんですよね。

 

したがって、新生銀行カードローン レイクの上限金利である18.0%は、消費者金融の一般的な上限金利と同じですので、あまり金利は低くないと考えた方が良いでしょう。

 

もし、即日融資ができる低金利の銀行カードローンを利用したいならば、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用を検討した方が良いかと思います。

 

なぜなら、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も、即日融資が可能かつ、しかも、銀行カードローン業界の中でもトップクラスの低金利だからです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は、メガバンクである三菱東京UFJ銀行のカードローンであり、東京近辺だけでなく地方在住の方も申込むことができます。

 

地方在住の方が、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』を利用するメリットは、三菱東京UFJ銀行が提携しているコンビニATM(セブン銀行ATMやローソンATM、EnetATMなど)でも、借り入れ・返済手数料が無料だという点です。

 

地方銀行のカードローンを利用する場合、借り入れ・返済のATM手数料がかかってしまうものも多いので、お得にお金を借りたいならば、資金力が大きく、サービス内容が充実しているメガバンクの銀行カードローンを利用する方が、ATM手数料も節約できて便利ではないでしょうか。

 

 

新生銀行カードローン レイクの即日融資・即日振込が間に合う時間帯はいつまででしょうか?

先ほどの説明でもご理解いただいた通り、新生銀行カードローン レイクは、銀行カードローンというよりは、消費者金融のカードローンとしての性格が強いです。

 

なぜなら、もともと、消費者金融レイクというブランドを新生銀行が譲り受けた形となっているからです。

 

そんな新生銀行カードローン レイクは、融資スピードが定評のある消費者金融のカードローンのように即日融資が可能です。

 

では、新生銀行カードローン レイクで即日融資を利用するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

新生銀行カードローン レイクを利用して即日融資をするには、以下の2通りの方法があります。

 

1、新生銀行レイクの自動契約機を利用してカード発行して提携ATMでお金を借りる

2、銀行口座に振り込みをしてもらう

 

それでは、1つ1つ順番に解説していきましょうか。

 

新生銀行 レイクの自動契約機を利用する場合

新生銀行 レイクの自動契約機を利用して、当日中にローンカード発行して即日融資をして欲しいという場合、自動契約機には営業している時間帯がありますので、定められたリミットまでに契約を完了させる必要があります。

 

新生銀行 レイクの自動契約機は、平日・土曜日は8時45分~24時まで、日曜日・祝日は8時45分~22時までが営業時間帯となり、即日融資が可能な時間は21時までとなるので気をつけましょう。

 

ただし、新生銀行カードローン レイクは、消費者金融のカードローンとしての側面が強い金融商品ではありますが、やはり、総量規制の対象外の銀行カードローンであるため、審査は消費者金融のカードローンよりも厳しいと予想されます。

 

もし、確実に即日融資をして欲しいならば、新生銀行カードローン レイクではなく大手消費者金融のカードローンを利用する方がオススメです。

 

たとえば、プロミスならば、新生銀行カードローン レイクと同じように即日融資と無利息キャッシングができます。

 

しかも、プロミスの金利は4.5~17.8%なので、新生銀行カードローン レイクの4.5~18.0%よりも、上限金利が僅かに安いんですよね。

 

同じようなサービス内容で、少しでもお得に借り入れがしたいならば、プロミスの利用の方がオススメです。

 

プロミスで即日融資を受ける場合も、新生銀行カードローン レイクと同じように、プロミスの自動契約機か、振込融資を受けるという2つの方法があります。

 

プロミスの場合、プロミスの自動契約機だけでなく、提携先である三井住友銀行のローン契約機でもカードが発行できますので、自動契約機を探すのも簡単ではないでしょうか。

 

消費者金融の自動契約機コーナーに入るのは抵抗がある、という方にとっても、プロミスは三井住友銀行のローン契約機が利用できるため安心かと思います。

 

ちなみに、新生銀行カードローン レイクの場合も、プロミスの場合も、自動契約機を利用してカード発行の後にお金を借りる、という場合は、あらかじめ、インターネットで申込みをしておくのがオススメです。

 

なぜなら、事前にネット申込みをしておいた方が審査の手続きがスムーズになるので、その分、早く契約ができますし、契約に必要となる書類を前もって確認しておくので、必要書類を忘れたことで自宅に取りに行くという二度手間を防ぐことができるからです。

 

もし、自動契約機でカード発行をするなら、事前にインターネットで申込みを済ませておきましょう。

 

プロミスの自動契約機の営業時間ですが、こちらは平日、土曜日、日曜日、祝日ともに9時から22時(一部21時もあります)となります。

 

三井住友銀行のローン契約機は、平日、土曜日、日曜日、祝日は9時から21時となります。

 

新生銀行 レイク、プロミス、三井住友銀行、どちらの契約機も、店舗によって営業時間が異なる可能性があるので、最寄りの契約機へ出向く前にきちんと営業時間帯を確認しておきましょう。

 

新生銀行カードローン レイクの振込融資が間に合う時間はいつまで?

新生銀行カードローン レイクを利用して即日の振込融資をしてもらう場合、平日の14時までに申込みと必要書類の確認を完了させる必要があります。

 

平日の14時までに借り入れ契約を結ぶことができ、平日の14時45分までに新生銀行カードローン レイクの会員ページから振込の申込みをすれば、即日の振込が可能ですよ。

 

なぜ、平日の14時までに契約を結ぶ必要があるのかというと、それは銀行の振込受付時間帯にはリミットがあるからです。

 

プロミスも同様に、即日の振込融資を受ける場合、平日の14時までにweb契約を済ませる必要があります。

 

ただし、プロミスの場合、平日の14時までに契約を締結することができなくても、即日の振込融資をすることが可能です。

 

プロミスには瞬フリという便利な振込キャッシングサービスがあります。

 

プロミスの瞬フリならば、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間365日いつでもリアルタイムで振込融資を受けることが可能ですよ。

 

したがって、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、新生銀行カードローン レイクを利用するよりも、プロミスを利用した方が利便性の高い借り入れができるのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。

 

新生銀行カードローン レイクは、華やかなCMで一見、とても借りたくなる銀行カードローンではありますが、純粋にサービス内容を比較してみると、SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランドであるプロミスの方が、サービス内容が充実していることがお分かり頂けるかと思います。

 

もし、少しでも低金利で、少しでも確実に即日融資をして欲しいならば、プロミスのカードローンを利用する方がお勧めです。

 

トップページへ戻る